今や買い物は通販の時代!便利な食品通販の実態を探ろう

子育て世代におすすめの食品通販活用方法

>

時代が移り変わるにつれて考え方も変わってきている

バブル期世代とその後の世代の違い

昔は何でも手間暇かけて家族に尽くすことが美徳とされてきたのではないかと思います。
亭主関白などという言葉も当たり前のようにありますが、それほど女性の立場が弱かったということなのでしょう。現代の女性達からすれば、本当に腹立たしい限りですよね。
今でもご年配の方々には、子供を小さい頃から保育園に預けて母親が働きに出るなんて子供が可哀想、という考えがそこかしこに出ています。実際私も「よくこんな小さい子預けられるわねー」なんて言葉をかけられたこともあります。
しかし、就職氷河期を生きてきた世代や、先行き不安なこのご時世に、お金を稼ぐ手段を断つのは不安しか残りません。ここが、バブル期を生きてきた人間とバブル崩壊後を生きてきた人間の考え方の違いということではないかと思います。

現代社会は合理主義

現代は、あまり物に執着しない人が増えてきたように感じます。
様々なシェアリングサービスが出てきているのは、その時気に入ったものを少しだけ使いたいという、合理的な考え方をする人達が増えてきたからでしょう。
使いたい時に使って、使わない時は返しておくというのは、所有するものが減るので身辺もすっきりして気分もすっきりします。
断捨離という言葉が流行ったのも、こういった合理主義が背景にあるのだと思います。
こういった合理主義的な考え方は、物だけではなく人に対しても影響しています。
昔からある食品通販は、グループを意識したものでしたが、今の食品通販の主流は対個人です。
食品通販が多種多様なのは、体に優しい食材を使いたい、簡単にちゃっちゃと尚且つ栄誉バランスも整った食事を作りたいなど、各家庭のニーズに合わせているからです。